佐藤栄作です。

広告代理店(株)西広(本社/福岡市)ではプランやクリエイティブに携わりました。
私事で退職後はフリーに。屋号はCLIPSで勤務時と 同様の業務を続けています。
また大学・専門学校(バンタンデザイン研究所福岡校ほか)で、マーケティングプランや
広告デザインの指導を。
 
「日本元気党48」につきましては、キャラクターデザインの習作に取り組んでいるさいに
漫画に進展してしまい、描いた漫画が周囲の方たちから好評だったことから、自身の漫画
力が知りたくて、漫画投稿サイト「マンガごっちゃ」に投稿してみました。
審査を経て掲載に至りましたが、この作品がパロディーであるため、表現上での制約があ
り、いろんなご指摘をいただき、修正後の掲載でした。
 

佐藤栄作ブランド「日本元気党48」

「日本元気党48」は前述のように漫画のタイトルですが、この「日本元気党48」を
佐藤栄作のいろんな活動(ボランティア?・遊びの集まり?、未定です)のネームに
したいと商標登録し、「日本元気党48」を佐藤栄作ブランドにしています。
 

 

佐藤さんは、プランナー?、コピーライター?、イラストレーター?と聞かれます。

 
もともとは絵が得意なデザイナーですが、広告制作を円滑に進めるため、またクライアントに提案で
きるスキルへマーケティングにも取り組みました。また広告づくりのなかで、数多くの優秀なコピー
ライターと共同作業をするなかで、コピーテクニックを身に付けてしまいました。
……というわけで、名刺の肩書きはディレクターですが「なんでもや」です。
でも「なんでもや」は器用貧乏で70点程度、一芸に秀でる方の高得点には及びません。

西広勤務時は海外ロケもやってました。

インド、翌年はタイを旅しながらの遺跡撮影を。

クライアントは葬儀社。京都大徳寺の石庭・鐘楼等をモチーフにした新聞シリーズ広告が好評で、次
回はビジュアルインパクトのあるインドの遺跡等をモチーフにした1年間のシリーズ広告になった。
ディレクターの私、コピーライター、カメラマン、担当営業マン、現地ガイドの一行で、ニューデリ
ーからブッダガヤを経てカルカッタまでを列車やレンタカーで8日間の撮影旅行。
インド編が好評で、翌年はタイになり、バンコクからチェンマイまでの遺跡撮影を行った。
 

ニューヨーク。モデルオーディション〜撮影までを。

クライアントはリゾート開発 会社。テレビCMと新聞 広告のビジュアルにニューヨークのホテル支配
人を起用することになり、出張撮影になった。クライアント側からニューヨークに行くのなら、パン
フレットやプロモーションビデオへのモデル撮影も同時にと提案された。
プロモーションビデオ用のシナリオを作成し、モデルクラブに送付した。起用モデルは4名。
ディレクターの私、コピーライター、カメラマンの3人でニューヨークに着くと、モデルクラブスタ
ッフから40名(各10名)のモデルプロフィールを渡され、その場で、各5名の20名に絞らされた。
2日後、ホテル支配人の超高級ホテルでモデルオーディションを。現地起用のスタイリストやヘアメ
イクも同席し、モデル4名が決定した。
3日後、同ホテルで、照明や録音などの現地スタッフを交えて、最初に支配人の撮影を。
その後、ドラマ仕立てでモデルの撮影を行った。
 

お問い合わせ先

佐藤栄作

福岡県