2014年08月30日 22:29

ホークス 王監督

前回お伝えしましたように、Macイラストレーターのペンツールに悩んでいた私は、1999年のゴールデンウィークを事務所でペンツールの習得に励みました。どうせ描くのならと大好きなホークスの選手をテーマにしました。鉛筆で描いた選手の似顔絵をスキャニングし、ペンツールで描くわけですが、ペンや筆と異なりマウスで描く作業は勝手がちがい、とても苦労したことを憶えています。

まっ先に描いたのは王監督でした。前監督の根本陸夫氏が球団専務としてフロント入りした後を受け1995年から指揮を執った王監督でしたが、成績は5位、最下位を繰り返す低迷でとても苦しんだと思います。96年には余りの大不振でファンからバスに生卵を投げつけられる事件もあり、辛かったと思います。しかし前年度の98年は、勝率5割でオリックスと同率の3位になり、99年の本年は期待を膨らませるなかホークスナインを描き続けた5月でした。

1999年のこの年、福岡ダイエーホークスが初優勝しました。事務所でラジオを聞きながら作業をしていた私は、いてもたってもいられなくなり、事務所を出て徒歩でとにかく中洲に向かいました。中洲への道はごったがえしで、途中の居酒屋の前では学生アルバイト風のギャルからいきなりハグハグされ戸惑いましたが、いっしょに万歳しました。中洲では橋から川に飛び込む人もいてスゴイ盛り上がりでした。

日本シリーズの相手は中日ドラゴンズでした。ホークスは4勝1敗で日本一へ。この1999年以後、強いホークスへと育っていきます。

—————

戻る


お問い合わせ先

佐藤栄作

福岡県